即日融資

即日融資を利用するなら収入証明書がポイントに

キャッシングといえば、申込をしてその日のうちに融資が受けられる融資スピードの早さが魅力の一つですよね。即日融資可能なキャッシングはいまでは銀行キャッシングのなかにもたくさんあり、早いところでは申込から1時間以内で融資が実行されるものもあるくらいです。しかし、即日融資を受ける際に注意したいのが、必要書類です。

 

一般的に、キャッシング即日申込時に必要となる書類としては本人確認書類があります。パスポートはさすがにいつも手元にあるというわけではないでしょうが、本人確認書類としては運転免許証や保険証が一般によく使われ、これらの証明書はお財布のなかに普段から入っている、という方がほとんどでしょう。つまり、外出中や仕事中であったとしても、本人確認書類でしたらすぐに用意できるため、即日融資もすぐに受けることができるというわけです。

 

しかし、必要書類というのは本人確認書類だけではありません。借入れ額が大きい額となった場合には収入証明書が必要となってくるケースだってあります。しかし、収入証明書としての効力を発揮するのは源泉徴収票、直近の給与明細や賞与明細、住民税課税(非課税)証明書、所得証明書、確定申告書などといった書類です。こうして並べてみてみますと、外出先で手軽に用意できるものというのはありませんよね。

 

自宅にいながら即日融資を申込む、また、自宅にいるときに今日は即日融資を申込もう、とわかっているという場合には、自宅にある収入証明書である源泉徴収票や給与明細などを用意するということができると思います。しかし、出先で急に高額なお金が必要となった場合はどうでしょうか。収入証明書を用意するのが難しくなってしまいますよね。

 

このように、ある程度高額な即日融資を利用したいという方の場合には、審査の他にも収入証明書が用意できるかどうかがその日中に融資を受けられるかどうかのネックとなってくるわけです。ただし、その際申込をするキャッシングによっては本人確認書類だけで申込が可能になります。

 

銀行キャッシングの場合、収入証明書が必要となる借入れ額の設定は、各キャッシングごとで異なります。例えば三菱東京UFJ銀行キャッシングの場合には100万円以下なら収入証明書は不要、楽天銀行スーパーローンの場合には300万円以下なら収入証明書は不要、というように銀行ごとで大きく設定金額は異なるのです。100万円以上の借入れを即日でしたい、という場合には、このような収入証明書が必要となる設定金額が大きいキャッシングを選ぶといいでしょう。

 

注意した方がいいのが消費者金融など貸金業者のキャッシングです。これらのキャッシングの場合には、総量規制により1社で50万円以上、複数社で100万円を超える借入れとなる場合には法的に収入証明書の提出が求められるようになっています。即日融資をするにあたっては消費者金融のキャッシングの方が融資スピードも早いですしおすすめなのですが、銀行キャッシングと比べますと設定金額が低くなっています。

 

もちろん、高額融資になればなるほど審査はきびしくなっていくため即日融資を受けられるかどうかはドンドン難しくなってはいくわけですが、ひとまず収入証明書のことだけで言えば、外出先で50万円以上の額で即日融資を希望という方の場合には、即日融資に対応している銀行キャッシングを選ぶ方がいいでしょう。

初めてのキャッシング、みんな不安は同じこと

キャッシングを初めて利用しようと考えているとき、その不安は多くの方が感じるものです。
その不安はなんでしょうか。
お金を借りることに対する不安、消費者金融は怖いのではないかという不安、返済ができるのかという不安、人によってその不安はさまざまかと思いますが、共通するのは漠然とした不安だということではないでしょうか。

 

テレビCMや新聞広告、電車の中吊りなど消費者金融の宣伝を目にしない日はありません。
実は非常に多くの方が消費者金融や銀行キャッシングなどのキャッシングを利用しています。
4人に1人、そう聞けば多いとは思いませんか?
5人家族がいればその中で1人、20人の職場では5人、単純計算でこれほどの方がキャッシングを利用していることになります。
キャッシング人口をみれば少しは不安がなくなったでしょうか。
しかしこれほどのキャッシング人口の中でどれほどの方がキャッシングを安全に利用できているのでしょうか。

 

キャッシングはその仕組みと使い方を理解していなければ失敗します。
消費者金融一覧をみてもその数に圧倒されるでしょう。
ランキングされているサイトをみてもその数は実に多いものです。

 

消費者金融を使うときにはどのようなポイントに注意すればいいのか、どのような使い方をすればいいのか慎重に考えていきましょう。
それさえわかれば決して怖いものではありません。
失敗のないキャッシングのコツを知れば消費者金融は怖いものではなくなります。
今のピンチを救うために不安を解消しながら消費者金融選びをしていきましょう。